2019年06月24日

涙の出る落語・・・

↑昨日は、こちらの劇場にて、落語を鑑賞ニコニコ



↑前座は、桂文枝一門のお弟子さん、桂 笑金さんが務めました拍手
ピカピカ「つる」という古典落語でしたニコニコ



↑続いては、桂春蝶師匠が登場拍手

ピカピカ自己紹介を交えたトークの後、「やかん」という古典落語を一席ニコニコ

花火う~ん、やっぱり落語は、面白いニコニコ

星ここで、中入りとなったスマイル

花火中入り後、本日のメインの一席が始まるヒ・ミ・ツ

星創作落語
「ニライカナイで逢いましょう
  ~ひめゆり学徒隊秘抄録~」
ですチョキ



↑これまでの雰囲気とうって変わり、会場は薄暗くなり、
  桂春蝶師匠にスポットが当てられ、静かに語りが始まりましたヒ・ミ・ツ



↑桂春蝶師匠の表情、そして語りは、我々観客をこのお話の世界に
  引き込んで行きましたオドロキ

星そう、まさしく沖縄戦の戦地に、防空壕に避難した学徒隊の世界へとスマイル

ピカピカこの悲しいお話、戦場と化した高座ウトウト
ピカピカこの高座に、私はこれ以上、
  カメラを向けることは出来ませんでしたプンッ
(私は「戦場カメラマン」にはなれないねなき)

ピカピカいつの間にか、会場はすすり泣く声が、聞こえ、私の目にも、
  涙があふれていましたなき


ピカピカ話の登場人物が乗り移ったかのような熱弁が続き、
  その迫力に圧倒されましたオドロキ

星1時間15分の落語だったそうですスマイル

ピカピカその時間を感じさせない、独特な世界ウトウト

ピカピカ講談でもない、新しいスタイルの落語ウトウト

星「涙の出る落語」でした拍手



↑満席の会場、終演後、会場から出る人の目は、みんな赤かったですウトウト




↑終演後、師匠の芸歴25周年のお祝いも兼ねた、
  沖縄料理の食事会にも、参加レストラン

星昨日は、「沖縄慰霊の日」に、沖縄戦で亡くなった尊い命を偲び
  沖縄一色のひとときでしたニコニコ



↑桂春蝶師匠とツーショットカメラ
ピカピカ顔の大きさが全然違うなぁ~キョロキョロ 恥ず~叫び



↑次作は、こちら拍手
ピカピカ天台宗の回峰行のひとつ、千日回峰行のお話のようですヒ・ミ・ツ

星「落語で伝えたい想い」

ピカピカ昨日は、この新しいスタイルの落語に、
 興奮した一日でした拍手


  


Posted by 西多 寛明  at 14:35Comments(0)話題・趣味