2009年05月16日

西垣農園~兵庫県豊岡市~2009/05/15


 ←我が社で販売している”こうのとりを育む農法”により栽培された
兵庫県豊岡市産コシヒカリ
「こうのとり物語」の生産者である
出石アグリ西垣農園に伺いましたクルマ

本”こうのとりを育む農法”とは、豊岡市がコウノトリを野生復帰させるために推進した環境にやさしい農法です。

本この農法は、コウノトリの餌であるドジョウなど生き物が生息する環境の田んぼでの米作りが行われているため、
農薬の使用は極めて少ない、または、無農薬で、肥料も化学肥料は一切使わないため、安全で体にやさしいお米を収穫することができます。




星今日は、田植え作業が行われている田んぼに、おじゃましましたニコニコ
↑ここの田んぼは、1枚が1ヘクタールもありますオドロキ 広いオドロキ


↑西垣さんの田植えには、他とは違った工夫がありますgood田植えをされた苗の横にあるスジがそれですパー


↑田植えと同時に、この液体肥料を田んぼの土壌に注入するのですヒ・ミ・ツ
本この液体肥料は、魚のガラを発酵させて作られた有機液肥ですヒ・ミ・ツ


↑この液体肥料を、田植え機のタンクに注入し、田植え機についているノズルから、植え付けられた苗の横に注入される仕組みになっているのです。この地域では、この液体肥料を用いて米作りされているのは、西垣さんの田んぼだけですオドロキ

 
↑つまり、この田植え機も通常とは違う特別仕様ですニコニコ




←田植えの作業の合間に、西垣さんにお話を伺いましたスマイル

「農薬と化学肥料を信じて米作りを続けていいのだろうか」

という疑問の中から

本コウノトリと共生するための環境にやさしい米作り

を始められた西垣さん

「農薬をほとんど、あるいは全く使わないお米作りには、本当に手間がかかることですが、そんなお米だからこそ、自信を持って、お客様に提供出来るんです!」そんな、熱い想いを語られましたニコニコ

星その後、作業場の方へ向かいましたクルマ


↑玄米色選機と低温倉庫ですgood
本出荷されるすべての玄米は、この玄米色選機にかけられ、着色や虫喰いなどのある不良な玄米は、籾すり後、袋詰めの前の段階で除去されます。
本また玄米は、この低温倉庫で保管され、ここに入らない分は、籾のまま貯蔵されています。

花火”出来る限り、穫れたての品質を維持し、
良質なお米を出荷する”
 花火
ピカピカ西垣農園の”こだわり”です拍手

星そして、ここで驚くべくデータを見せていただきました


↑平成20年度産のお米を、業界紙が斡旋する”食味分析”に出した結果です
王冠減農薬 コシヒカリが、食味値’96’、そして無農薬 夢ごこちが、食味値’97オドロキ

ピカピカもの凄い高得点です拍手毎年、食味分析に出されているそうですが、こんな凄い値は初めてだそうですニコニコ
ピカピカ私自身も、こんな’96’、’97’という値は見たことがありませんオドロキ 平成21年産も期待出来そうですねワーイ

ピカピカ田植え作業は、無農薬栽培米も含めて、今月下旬まで続くそうですヒ・ミ・ツ

王冠平成21年産も、美味しい安全、安心なお米を
よろしくお願いしま~す
拍手

パソコン6/10 産地情報の記事を投稿しました。こちらからどうぞ


同じカテゴリー(産地訪問記、産地情報)の記事
 こんなお米も栽培されていました! ~2016/08/27 滋賀県長浜市 落庄商店~ (2016-09-06 17:42)
 収穫最盛期、大忙し! 2016/08/27 滋賀県長浜市 農工舎 (2016-09-01 18:26)
 いつ来ても癒やされる!守っていきたい! 2016/07/09~10 高知県本山町 (2016-07-16 08:43)
 生育は順調、気になるのは、これからの天気・・・ 2016/07/09 高知県南国市 (2016-07-15 18:28)
 今年は、涼しい! ~2015/09/21 兵庫県豊岡市出石町 (2015-09-22 09:46)
 稲美町、志方町の田んぼでも収穫が始まりました! (2015-09-20 14:52)

Posted by 西多 寛明  at 08:53 │Comments(0)産地訪問記、産地情報

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。