2008年10月16日

一空きの玄米袋

 
↑我が社が仕入れた玄米の入っていた袋、つまり使用済みの袋ですgood

ピカピカこの時期、この玄米袋がよく売れますスマイル

本それもそのはず、地元の田んぼは、先週に収穫がおわり、乾燥が終わって、これから保管となるのですヒ・ミ・ツ

本そんな時に、この30Kg玄米袋がいるんですスマイル 農家の方が、自分の屋敷に置いておく、いわゆる”保有米”は、どんな袋に入れてもいいので、我々玄米を取り扱っている米屋に「袋、分けて!」とこの時期は、農家の方が訪ねてくるのですニコニコ

ピカピカ普通の時期は、このような袋を購入する業者が来て、本当に安い値段で引き取ってくれますニコニコ

ピカピカだから地元の農家の方が「袋、分けて!」と来られた時も、本当に安値でお分けしていますニコニコ

ピカピカ最近は、ホームセンターでも、”玄米一空き袋”が販売されていますが、高い値段で販売しているので、我が社のような玄米を扱う米屋に買いに来るようです。ヒ・ミ・ツ

ピカピカでも近頃は、玄米を扱っている米屋も年々減っているからでしょうか、年々玄米袋を求めて来られる新たなお客様の姿が見られますニコニコ

玄米の袋、20枚ほど分けて!」と来られる方がおられれば

「玄米の袋、150枚、分けて!」と軽トラで来られる農家の方もおられます。オドロキ

ピカピカ今週にはいって毎日このような状態です。ガーン 10枚、20枚・・・玄米の袋が売られていきますオドロキ

ピカピカでも玄米一空き袋1枚作るためには、30Kgの玄米を使わなければいけませんガーン つまり10枚は、300Kg、100枚は、3000Kgですガーン

ピカピカとうてい玄米袋の売れの需要に、この供給がついていけるわけがありませんなきこの時期のために貯めておくのですが、早い時期から、100枚、200枚と売れていきますので・・・ガーン

タラーッもうすぐ玄米一空き袋も売り切れになるかな・・・なき昨年も、途中、玄米一空き袋、売り切れた事があったっけウトウト

そんな時は、

「すみません、今、余裕の玄米一空き袋が無いんです・・・」とお断りしますが、そうすると
「そしたら、来週になったら100枚ぐらい出来るやろ?来週また来るわ!」と農家の方は、簡単におっしゃいますガーン
タラーッそう簡単に出来ないですよプンッ

ピカピカまあ、こんな物でも売れるのですから、ありがたいものですがねワーイ 贅沢言っちゃいけないなワーイ


↑我が社では、このように検査証明書の部分に×印を入れて消してから、玄米一空き袋を販売しますニコニコ
ピカピカこれは、農政局からの指示で、このような玄米一空き袋の検査証明書の部分を使って、農家の方が、あたかも「検査米である」と偽って消費者に高値で販売する事件があったそうです叫び。皆さん、気をつけてくださいガーン


同じカテゴリー(お米のこと)の記事
 今日は頒布会ブレレンドコースの配達日! (2017-07-07 14:16)
 今月(7月)のお米は、「朱鷺と暮らす郷」 (2017-07-05 12:50)
 平成29年産の取り扱いに向けて (2017-07-02 15:20)
 今日20日は、頒布会配達日! (2017-06-20 17:50)
 頒布会「ブレンドコース」配達日! (2017-06-07 08:28)
 今月6月の頒布米は、「天使の詩」 (2017-06-05 16:46)

Posted by 西多 寛明  at 13:00 │Comments(0)お米のこと

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。