2019年03月06日

今日は「啓蟄(けいちつ)」

王冠今日3月6日は、二十四節気のひとつ「啓蟄(けいちつ)」ですgood

本「啓」は「開く」、「蟄」は「虫などが土中に隠れ閉じこもる」という意味で
  「啓蟄」で「冬籠りの虫が這い出る」(広辞苑)という意味を示しますヒ・ミ・ツ

星この「啓蟄」という日は、農家の方にとっては、今年の作物を作る
  目安となる日だそうですヒ・ミ・ツ

ピカピカ土中の虫が這い出るので、この日を境に、”田おこし”などの
  田畑の準備を行うそうですヒ・ミ・ツ


星また、3月という時期は、農家にとっては、そろそろ秋に収穫したお米を
  整理する時期でもあるようですヒ・ミ・ツ

ピカピカその理由は、今年の米作りのための肥料などの農業資材を入れるため
  倉庫を整理し、スペースを空ける必要があるからですヒ・ミ・ツ


星我々、お米を仕入れる側としても、この3月は、大変ですガーン

ピカピカ農家、生産者が、今の在庫のお米を整理し始めるということは、
  我々も、次のお米が穫れるまで、
  どれだけのお米を確保しておかなくてはいけないか
  その数量を計算し、生産者に伝え、
  場合によっては、その数量分を仕入れる必要があるんですヒ・ミ・ツ

ピカピカこれまでの売り上げから、それぞれのお米が在庫があまり残らないようにウトウト
ピカピカこれを考えるのが大変な作業プンッ

星今年の場合、平成30年産米が高値となったため、
  値上げとなったこともあり、
  業務店などでは、我が社のお米の仕入れ数量を減らして、
  量販店などで購入されているところもありますプンッ

ピカピカそのため、昨年より極端に納入数量が減っている業務店があるので、
  仕入れ数量も減らさざるを得ませんプンッ
ピカピカでも、量販店で安いお米がなくなってくれば、
  またこっちに戻ってくるのは必然プンッ

ピカピカ本当に、予測するのは、難しいですプンッ

星とはいえ、生産者と同じく、我々も平成31年産米に向けた準備を
  しなくてはいけませんプンッ

花火本当に、毎年、悩む3月ですウトウト
花火今年もギリギリまで悩みそう、生産者の皆さん、お手柔らかにワーイ




同じカテゴリー(つぶやき)の記事
 今年の冬は・・・・ (2019-03-17 14:00)
 さあ、春の総会GPがスタート! (2019-03-15 17:39)
 あれから8年・・・ (2019-03-11 17:58)
 デビューしてしまいました・・・・ (2019-03-09 07:38)
 ひな人形、間に合いました! (2019-02-24 11:37)
 PayPayじゃんじゃん使ってます! (2019-02-16 17:26)

Posted by 西多 寛明  at 18:31 │Comments(0)つぶやき

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。