2018年11月17日

加古川市農林漁業祭 穀物の部品評会

王冠昨日午後、加古川市役所9階の会議室で開催され、

  今年も審査員として出席しましたダッシュ


星今年は昨年より31点少ない、117点が出品スマイル

↑1等米は、47点チョキ


↑2等米は、66点、そして、もち米4点チョキ


↑審査方法は、この117点のお米から、各審査員が、選んで、

  この2次選考テーブルに、カルトンを持ってくるヒ・ミ・ツ


↑審査員全員で協議して、4点に絞り込むウトウト


↑そして、この4点に、順番をつけて、最優秀賞を決定するヒ・ミ・ツ


↑今年の最優秀に選ばれたお米ですチョキ


星審査委員として参加されていたJAの方の話しによるとヒ・ミ・ツ

ピカピカ今年の加古川のお米は粒の張りが少なく、細いのが特長チョキ

ピカピカただ、シラタ米は、少ないチョキ

ピカピカヒノヒカリは、刈り遅れによるヤケ米の被害粒ガーン

  登熟期に、台風が立て続けに来た影響で、穂ずれにより、

  表面が傷ついたお米が多いヒ・ミ・ツ

星そのため、2等米が多いようですヒ・ミ・ツ


星また同じく審査委員として参加されている

  農水省近畿農政局の方のお話しでは、

「加古川市を含む、兵庫県南部の10アールあたりの予想収量は

 前年比-9Kg、県北部は前年比-15Kg

 9月に入ってから、気温、日照時間が平年を下回ったことが原因

 と考えられる」

 とのことですヒ・ミ・ツ


↑最後に、生産地、生産者などが発表された拍手


星最優秀は、尾上町、そして第2位の優秀も、平岡町の生産者が入ったオドロキ

星この結果には、驚きましたねオドロキ

ピカピカおそらく、市南部の方が、北部に比べて、風の影響が少なかったのではないでしょうかウトウト


星品種もすべて「ヒノヒカリ」でしたニコニコ

ピカピカ「コシヒカリ」「キヌヒカリ」は、高温障害も出ていたので、

  晩稲の「ヒノヒカリ」に軍配があがったのでしょうヒ・ミ・ツ

ピカピカまた、品種別の出品数も、「ヒノヒカリ」が全体の8割以上でしたニコニコ


星いつもこの穀物品評会は、勉強になりますメロメロ

花火今年も、ありがとうございました拍手




同じカテゴリー(仕事のこと)の記事
 来週の精米は、平成30年産新米ばっかり! (2018-11-22 15:46)
 今日は米屋の会合! (2018-08-26 16:15)
 今年も高知へ! (2018-07-16 16:03)
 危険物取扱者保安講習会 (2018-07-04 21:35)
 年に一度の立入検査 (2018-06-17 06:37)
 リフォームフェア2018が終わりました! (2018-06-03 19:20)

Posted by 西多 寛明  at 17:03 │Comments(0)仕事のこと

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。