2015年05月06日

「清流加宝」製造継続(販売)終了・・・

星加古川YEGプロデュースクラッカー

 山田錦仕込み泡盛「清流加宝」が製造継続(販売)終了となったなき


ピカピカ思えば、私がYEG現役時代で副会長をしていた平成16年に企画し、

平成17年4月に発売開始チョキ

ピカピカあれから10年経ったウトウト


本当時、加古川YEGから日本YEGへ出向していた先輩が、沖縄YEGの酒造製造会社の方と知り合いとなり、

「泡盛って、山田錦で作ったら、どうなるやろ?」

という、何気ない発案がきっかけで動き出したこの企画、


本この日本YEGでの単会青年部連携で

  我が町”かこがわ”をPRし名産品を作ろうということから生まれましたニコニコ


本製造の方法として三木YEGの協力を得て、酒米”山田錦”を購入し、

 沖縄へ送り、泡盛にして、こちらに送り返してもらうということになったヒ・ミ・ツ


本通常、泡盛の原料として使われるタイ米に比べて、何十倍も高価な酒米”山田錦”を使うだけでもコストがかかるのに、この往復の運送費用もプラスとなり、1本¥2500という高価なお酒となってしまいましたヒ・ミ・ツ


本ただ、この頃の焼酎ブームに乗って、この珍しい泡盛は、販売開始当初は、好調な売れ行きニコニコ


本その後、第2弾では、720ミリリットル瓶の他に、1.8リットル、5.4リットルの甕(南蛮甕)や、地元、宝殿焼の10リットル甕壺が作られたり、


本また次の製造では、こんな沖縄壺も製造ニコニコ


本いろんなアイデアを凝らして、後輩達がこの泡盛の販売を

  継続していってくれました拍手

本各地のイベントでのPR販売も行っていましたニコニコ

パソコンイベント出店の様子は、こちら


星でも、この間、市場も変化し、焼酎ブームも陰りを見せはじめ、

  また同じようなアイデアで生まれたお酒も誕生してきて、

  販売が終息していきなき


星そして、このたび製造継続(販売)終了が決定大泣き


ピカピカ最後に作ったものが古酒となっていて、このたび改めて案内を受けたので、720ミリリットル瓶とあわせて


↑この沖縄壺 焼〆型900ミリリットルも、購入チョキ

本こちらも平成22年度製造の古酒、しかもアルコール度数は43度ニコニコ

(通常の720ミリリットル瓶はアルコール25度)


星昨日、GWで実家に弟も帰省していたので、開封して呑んで見ましたニコニコ


ピカピカこれまで幾度かこのお酒は呑んだ事はありましたが、古酒となって

  これほど味が落ち着いて、美味になった事にはビックリオドロキ

ピカピカほんと、無くなるのは惜しいような気持ちも・・ウトウト

ピカピカ在庫はまだあるようなので、もし無くなったら、

 もう一度注文しようかなキョロキョロ


王冠もし、このお酒、ご興味がある方がおられましたら、

  販売管理元 「酒創 鹿児蔵」まで、お問い合わせくださいヒ・ミ・ツ


王冠ちなみに、こちらは↓化粧箱に同梱されていた「清流加宝」の説明ですヒ・ミ・ツ

(クリックすると大きな画像になります)





同じカテゴリー(青年部)の記事
 5/3 「みなもフェス」 が開催! (2018-04-29 08:30)
 総会 (2018-04-18 23:24)
 2017年度総会GP開幕!! (2017-05-12 07:40)
 加古川YEG25周年 (2017-02-06 22:43)
 日本YEG第34回全国会長研修会かこがわ会議 (2016-11-26 17:42)
 美味しい日本酒で酔った!YEG・OB会の忘年会 (2015-12-17 17:58)

Posted by 西多 寛明  at 11:07 │Comments(0)青年部

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。