2014年12月17日

プロパンガスボンベの表面が凍る現象

↑寒いこの時期になると、たま~に見かけるのがこの現象ニコニコ


星この現象が起きる理由は、


①プロパンガスボンベの中身は

 液状化されたプロパンガスが充填されていますチョキ



②お客様がガスを使用すると、

 その液状化されたプロパンガスがボンベの表面に触れた

 外気熱の温度で気化され供給される仕組みになっているからですチョキ


本その仕組みゆえ、プロパンガスを短時間で急激にご使用になられる

  例えば、部屋の中で、ガスストーブやガスファンヒーターを

  長時間着けられている場合

  ボンベ表面の大気熱を急激に奪うことになるので、

  現象としてボンベ表面が凍ったように霜が付着することがありますヒ・ミ・ツ


本特に外気温が寒く、ボンペの表面が冷たい今日のような日は、

  付着した霜で、ボンベが凍っているように見えますウトウト




星でも、これはプロパンガスの供給には何も問題がないので、

  ご安心くださいニコニコ



同じカテゴリー(LPガスのこと)の記事
 LPガスの法令改正に伴う対応 (2017-07-19 18:41)
 新・料金メニュー研修会 (2017-06-28 20:41)
 今年もお知らせします! (2017-06-21 17:52)
 自社配送から委託配送へ (2017-04-01 16:54)
 給湯器の凍結にご注意ください! (2017-02-10 17:22)
 LPガス緊急対応! (2017-01-23 19:28)

Posted by 西多 寛明  at 16:52 │Comments(0)LPガスのこと

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。