2014年12月09日

”お米日本一コンテストinしずおか”に参加して・・・

王冠先週12/5,6と静岡県沼津市にある”プラザヴェルデ”という複合施設で開催された

 「第11回お米日本一コンテストinしずおか」

に、このたび審査員として参加してきましたニコニコ


ピカピカこの施設内に、ホテルが併設されていて、ここに宿泊チョキ

ピカピカホテルのフロント階である2階と今回のイベント会場はつながっていたのでアクセスは本当に便利でしたニコニコ


王冠今回の大会には、504点の応募があったそうで、その中から、食味計、味度計などの機器審査で選ばれた75点のお米を炊飯して食味官能審査を行うというのが、この2日間のイベントでしたヒ・ミ・ツ

ピカピカ1日目である12/5は75点から30点に、つまりトップ30のお米を選出拍手

ピカピカトップ75の中には、我が社でも取り扱っている産地のお米もあり、なんとか残って欲しいと願っていましたヒ・ミ・ツ

↑そのお米の一つがこちら

ごはん高知県本山町産 にこまる 「土佐天空の郷」ですチョキ

本このお米、実は2010年のこの大会で最優秀賞、つまり優勝に輝いたのです拍手

本しかし、今回は残念ながらトップ30には残れませんでしたなき


星トップ30に残ったお米には、我が社で人気No.1の品種である

    ”さがびより”も残っていました拍手


↑遠路はるばる、生産者の方も会場に来られており、エールを送らしていただきましたニコニコ

ピカピカしかし、このお米も準決勝(トップ12)には残れず、2回戦敗退なき


星この日(12/6)に行われたトップ12を選ぶ2回戦も、

   初日(12/5)と同様の方法で、5点の中から2点を選出する

   という方法でしたヒ・ミ・ツ


↑このように、基準米と一緒に5種類のお米のご飯は配膳され、点数を付けますチョキ


星この食味官能試験のご飯を炊飯するための機器類は凄いものでしたオドロキ

↑ずらっと並んだ炊飯器、これ以外にも数箇所で並べてあり、その数30台オドロキ

ピカピカ官能試験に出されるご飯は、一斉に炊飯されるんですヒ・ミ・ツ


↑さらに、水の量も、精密な電子ばかりで量って


↑洗米も、同じものを使って、一斉にオドロキ

ピカピカこれらすべて、スポンサー企業の協賛によるものだそうですヒ・ミ・ツ

(炊飯器は東芝製、水はキリンのアルカリイオン水です)


↑配膳も、ここで一斉に行いますチョキ

ピカピカそれぞれの配膳台には、見本が置かれていましたチョキ

星ここまでパーフェクトに条件を揃えて、我々審査員に出されたご飯、

   本当に、暖かさも同一です拍手


王冠こんな風にして審査されるお米、2回戦、準決勝と絞られていくほど、

  本当に食味の違いが判別出来ない、レベルの高いものになってきますヒ・ミ・ツ

↑準決勝は4点+基準米での食味官能審査


↑そして決勝は、6点+基準米での食味官能審査ですウトウト


王冠このようにして、最後にトップに輝いたお米は、

  ”長野県飯山市産 コシヒカリ”でした拍手

星でも、最後まで残ったトップ6のお米、本当に食味は僅差でしたウトウト

星そしてその中に、我が兵庫県のお米

  ”兵庫県美方郡香美村産コシヒカリ”も入っていたのは嬉しかったです拍手



↑トップ6に残られた生産者の方々です(残念ながら1名欠席です)拍手


星「美味しさに順番をつける」って、本当に大変な作業でしたワーイ

星でも、審査結果と別に詳細な情報(どの色のお米が何か)も教えていただき、その結果が驚きの連続でしたオドロキ

星本当にレベルの高い大会だと思います拍手


星そして、こんな素晴らしい大会が協賛企業など出点料などだけで運営され、スタッフはすべてボランティア、我々審査員もそうですが無報酬で運営されているというのも、驚きですオドロキ


王冠本当に貴重な体験でしたニコニコ

王冠来年は、違った方が、この体験をされることを望みますニコニコ

王冠せっかく、お米マイスターになったのですから、たくさんの方に体験して頂きたいですウトウト

王冠勉強になりますよgood



同じカテゴリー(仕事のこと)の記事
 年に一度の立入検査 (2018-06-17 06:37)
 リフォームフェア2018が終わりました! (2018-06-03 19:20)
 リフォームフェア2018 (2018-06-02 14:41)
 棚卸し (2018-06-01 15:51)
 神戸で総代会 (2018-05-27 16:14)
 精米所の大ヌカ払い! (2018-05-11 12:48)

Posted by 西多 寛明  at 17:57 │Comments(0)仕事のこと

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。