2013年02月22日

海苔のお勉強、巻き寿司試作

王冠一昨日は、別府西小学校多目的室にて、今度の”お米パーティ”で巻き寿司を作るため、海苔のお勉強と巻き寿司の作り方の勉強会が行われ、
地元、海苔業者の大濵さんを講師に招いて授業をするとのことで、私も最終打ち合わせも兼ねて、見学してきましたニコニコ


↑講師は、㈲大濵の落合さんです拍手
本落合さんと言えば、(株)おちあい、化粧品屋さん、青年部では1つ年上の先輩ですニコニコ
本聞くところによると、㈲大濵さんが、ご親戚だそうで、最近は、こちらの方のお仕事もされているそうですヒ・ミ・ツ 

ピカピカ海苔のお話し、勉強になりましたニコニコ
ピカピカそして、落合さんの話し方も上手い拍手
ピカピカ子供の反応を常に見ながら、そしてそれに対応しながら話されていましたOK

星これだけの人数の子供の前でも、余裕ですねニコニコ
ピカピカいや~私にはここまでは無理ガーン 脱帽ですプンッ

王冠続いては、巻き寿司の巻き方の説明good

星今回作る巻き寿司は、寿司飯ではなく、普通の白飯で作る巻き寿司ですヒ・ミ・ツ
本昔、地元の漁師さんが、漁を終えて、浜で簡単な白飯を使った巻き寿司を作っていた事から、”浜手巻き”と呼んでいますヒ・ミ・ツ


↑まず、お茶碗一杯のご飯を海苔の中央に置き(写真 上左)
ピカピカ次に、醤油に浸したかつお節をのせながら上部2センチ程を残してご飯を広げていきます(写真 上右)
ピカピカ最後に、具である”たくあん”をのせます(写真下) 


↑ご飯をのせてない、上部2センチの所に鰹醤油を塗って、巻いて完成です拍手


星この巻き方を参考にして、4年生の先生方による本番を想定した、海苔をくっつけた巻き寿司を作ってみましたチョキ
 


↑まず、2センチほど重ねて、海苔をご飯粒でくっつけます(写真左)
ピカピカそして、お茶碗一杯のご飯を置きました(写真右)

本4人の先生方で巻くため、一人一杯の割合でご飯を置きましたが、実際には、海苔を5枚引っ付けてましたので、海苔の枚数分のご飯がいるようで、もう1杯、ご飯を追加しましたヒ・ミ・ツ
 

↑先ほどと同じように、ご飯に’醤油浸けかつお節’をつけながら、広げていき(写真左)
ピカピカ最後に、具材である”たくあん”を並べます(写真右)good

星さあ、ここからチームワークの見せ所グー 


↑”せ~の”で、タイミング良く、巻いて

 

↑巻き簀の上から、きゅっきゅっつとチョキ

 

↑最後に、前に転がして、巻き簀をとって、完成で~すニコニコ  



↑大成功です拍手先生方、満面の笑みですワーイ
花火子供達からも拍手喝采拍手 



↑長さは約80センチでしたニコニコ
星ちなみに、本番で作るのは20メートルですので、なんとこの25倍オドロキ  

ピカピカさあ、どうなることやらキョロキョロ 来週27日が楽しみですねメロメロ



同じカテゴリー(地域活動)の記事
 案山子も立ちました! (2018-09-14 07:21)
 別府西米、田植えから2ヶ月!順調です! (2018-08-14 08:08)
 別府西米、田植えから1ヶ月が経ちました! (2018-07-15 07:45)
 田植えから1週間程、過ぎました! (2018-06-23 12:40)
 別府西米、田植え! (2018-06-15 16:15)
 別府西米、籾播き (2018-05-14 16:51)

Posted by 西多 寛明  at 14:40 │Comments(0)地域活動

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。