2008年03月05日

青空

青空

晴れ今日の空は、本当に雲一つない、青空が広がっているニコニコ

本今日は、「啓蟄(けいちつ)」

昨晩の青年部次年度役員会での監事講評で、この啓蟄についての話をした

星「啓蟄」とは、虫たちが冬の眠りから覚めて、動き始める頃である

これは、私たち人間にとっても同じであり、4月からの新事業年度を迎えるにあたって、そろそろ本格的に動き出す頃でもある。

二十四節気というものは、1年間を24の節にわけて、それぞれの節に意味をもたらしている。

そういう意味でいえば、「啓蟄」を迎える3月5日から次の節気である「春分」までは、春に向けてそろそろ動き始める頃となるのです。ヒ・ミ・ツ

ピカピカ黄砂に悩まされた後の青空、さあ、春のスタートに向けて、スタンバイだパーンチ 


タグ :二十四節気

同じカテゴリー(つぶやき)の記事
 梅雨明け、そして8月・・・ (2020-08-01 10:50)
 コロナ第2波・・・・ (2020-07-18 15:39)
 やっと、雨があがった! (2020-07-14 17:28)
 雨があがって、ひさびさに・・・ (2020-07-12 10:38)
 父、逝く・・・・ (2020-07-07 07:01)
 久しぶりの酒場放浪記 (2020-06-24 20:22)

Posted by 西多 寛明  at 08:52 │Comments(0)つぶやき

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。