2011年08月03日

収穫最盛期・・・ ~2011/07/30-31高知県南国市~


↑今年は担当者が昨年までの高知市五台山の事務所から、こちらの方へデスクが移ったとのことで、南国市にある事務所へと訪れましたニコニコ

 
↑ここに来る道中の田んぼです。よく実ってますねニコニコ


本ちょうど、高知の新米一番手である”南国そだち”収穫の最盛期を迎えており、二番手の”ナツヒカリ”の収穫も始まっているようですヒ・ミ・ツ

星あれ、高知の新米は、ホップ、ステップ、ジャンプとリレー出荷じゃなかったのかなキョロキョロ

本先日の台風6号のもたらした雨、田んぼには被害はないものの、その後、雨が降ったりやんだりの天候が続き、なかなか田んぼが乾いて、収穫することが出来なくなり、一番手の”南国そだち”の収穫が遅れたようだヒ・ミ・ツ

本昨年もこの頃に高知へ訪れたのだが、その時は、もう”南国そだち”が袋に入って、検査待ちで出荷間近だったヒ・ミ・ツ

「生育は順調で、昨年よりも出来がいいのですが、収穫が遅れた」
と担当者は言われたヒ・ミ・ツ

本ただこの時は、
「台風9号の動きが心配!直撃ならば、コシヒカリの早刈りもありうる。そうなったら3品種同時!」
との心配も、あったのだが、その後、台風9号がそれたため、どうやら”コシヒカリ”は予定通りの収穫となりそうだヒ・ミ・ツ



↑確かに、丸々とした米粒をつけた稲穂、本当によく実っているニコニコ


星今回、田んぼ以外に、南国市にある高知県農業技術センターに連れて行ってもらうことになったニコニコ



↑現在、高知で栽培している品種、またこれから栽培を検討している品種などがずらっと並んでいましたオドロキ

星そんな中、少し面白い稲穂を見せていただきましたスマイル


↑これ、餌米用の品種なんですニコニコ 異様に葉が長いでしょニコニコ
本牛や豚の餌にするための稲ですから、実よりも草の部分の方が大きいんですオドロキ

本先日訪れた新潟もそうでしたが、平成23年産米で、餌米としての作付面積は増加していまして、高知では昨年の倍の面積になっているそうですオドロキ

本原因はというとやはり、販売目標数量に達せなかった、つまりは売れ残りが発生する主食用のお米は生産調整がかかるため、近年、トウモロコシなどよりも、国産の餌が重要視されていることから、このような餌米が盛んに作られている訳ですウトウト

「餌米は、確実に消化(販売)出来ますからね。」とのお話なき

ピカピカ家畜の餌用のお米を品種開発するなんて・・・大泣き
ピカピカ人間の主食が、家畜の主食になってしまいそうと思うと、悲しいことですねなき
タラーッちょっとショックでしたガーン



↑すでに収穫された田んぼ、そしてまだ実っている田んぼ

ピカピカ品種によって、収穫時期が異なるため、こういった風景はよく目にしますウトウト

ピカピカ南国・高知は暑いですから、我々が訪れた午前10時頃は、すでに農作業を終えて、田んぼにコンパインが残っている風景ばかりプンッ
ピカピカ夜明けと共に、収穫作業を開始したりで、この暑い時間は皆さん、自宅で休まれているようですねウトウト


「それでも昨年に比べたら、ずっと涼しいです!
今年は高温障害の心配もなさそう!今年はお米にとってはいい気候ですね!」
と担当者の話スマイル


星今日(8/3)現在、”南国そだち”についてはどうやら卸の倉庫にパラパラ入荷し始めた模様ヒ・ミ・ツ
星”コシヒカリ”については、早ければ10日頃、卸着で、12日に我が社に入荷できる見込みヒ・ミ・ツ

星今年の新米は、ちょうどお盆に入荷、販売となりそうキョロキョロ
星さあ、いよいよですね
ワーイ 頑張って販売しますよパーンチ



同じカテゴリー(産地訪問記、産地情報)の記事
 2年ぶりに、こうのとり米の田んぼへ行って来ました!~2018/08/30 兵庫県豊岡市 (2018-09-08 05:25)
 滋賀県長浜市産新米、まもなく収穫!! 2018/08/17滋賀県長浜市 落庄商店 (2018-08-19 19:42)
 今年3箇所目の産地訪問! (2018-08-17 16:40)
 ”青天の霹靂”と”あさゆき”の田んぼを視察 2018/07/22 青森県田舎館村 (2018-07-27 16:40)
 田んぼアート 2018/07/22青森県田舎館村 (2018-07-25 18:30)
 稲作のルーツ!? 2018/07/22青森県田舎館村 (2018-07-23 08:15)

Posted by 西多 寛明  at 12:37 │Comments(0)産地訪問記、産地情報

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。