2011年07月28日

JA佐渡 産地視察(1)~2011/07/24ー25佐渡市~

王冠先日7/24~7/25(株)はくばく和穀の会事業部主催のJA佐渡産地視察に参加してきましたチョキ

本佐渡の作付面積は約6000ヘクタールで、そのほとんどとなる4000ヘクタールが中央の平野部で、それ以外に島の北部南部の標高500~1000メートルの山間部の棚田にても稲作が行われていますヒ・ミ・ツ

本また佐渡市では、”朱鷺(トキ)と共生する農業”が推進、減農薬減化学肥料栽培での米作りが行われていて、その中で、よりすぐれた環境保全米が、佐渡市が指定する”佐渡認証米”として販売されていますヒ・ミ・ツ

本我が社でも2年前よりこの”佐渡認証米”である「朱鷺と暮らす郷」を販売しています拍手

本そしてこの農業の取り組みは、今年6月11日に日本初の世界農業遺産として認定されました拍手


星まず、我々は山間部の圃場、丸山地区へと案内されましたクルマ

ピカピカ車で約1時間移動して山間部へクルマ

JA佐渡 産地視察(1)~2011/07/24ー25佐渡市~JA佐渡 産地視察(1)~2011/07/24ー25佐渡市~
↑丸山営農組合の施設へgood


JA佐渡 産地視察(1)~2011/07/24ー25佐渡市~ JA佐渡 産地視察(1)~2011/07/24ー25佐渡市~
↑見事に、畦が整備されていて、田んぼの中も、綺麗ですニコニコ
 ピカピカこのあたりは、減農薬減化学肥料を通常の5~8割削減した栽培がされているのに、この手入れの凄さにはびっくりですオドロキ


JA佐渡 産地視察(1)~2011/07/24ー25佐渡市~
↑少し標高の高い場所に行くと、遠くには海が望めますスマイル


JA佐渡 産地視察(1)~2011/07/24ー25佐渡市~ JA佐渡 産地視察(1)~2011/07/24ー25佐渡市~
↑大阪の米専無農薬研究会の契約指定圃場にも、行ってきましたスマイル


星続いては、佐渡米を貯蔵するカントリー施設へクルマ

JA佐渡 産地視察(1)~2011/07/24ー25佐渡市~JA佐渡 産地視察(1)~2011/07/24ー25佐渡市~
↑国仲平野のど真ん中に位置するこの施設、2つのカントリーで最大5000トンの籾貯蔵が可能ですヒ・ミ・ツ

ピカピカ カントリーのサイロの上にあがらせていただきましたニコニコ

JA佐渡 産地視察(1)~2011/07/24ー25佐渡市~ JA佐渡 産地視察(1)~2011/07/24ー25佐渡市~ JA佐渡 産地視察(1)~2011/07/24ー25佐渡市~
↑広大に広がる田んぼ、さすが”米どころ新潟”ですねオドロキ

星このような田んぼ以外に、佐渡には”朱鷺(トキ)を野生復帰するため”の特別な圃場もあるんですヒ・ミ・ツ
星その田んぼについては、明日の記事にて投稿しますgood



同じカテゴリー(産地訪問記、産地情報)の記事
 佐賀県から玉ねぎが届きました! (2020-08-11 16:53)
 収穫作業はお天気次第・・・ 2019/09/01 滋賀県長浜市 (2019-09-01 17:39)
 今年も癒やされました!「土佐天空の郷」 2019/07/16高知県本山町 (2019-07-18 17:02)
 新米の収穫は、まだまだかな? 2019/07/15~16 高知県南国市、高知市 (2019-07-17 17:13)
 令和初の産地訪問へ! (2019-07-15 15:40)
 2年ぶりに、こうのとり米の田んぼへ行って来ました!~2018/08/30 兵庫県豊岡市 (2018-09-08 05:25)

Posted by 西多 寛明  at 12:21 │Comments(0)産地訪問記、産地情報

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。