2011年01月22日

「大寒」の水で”寒餅”

王冠一昨日(1/20)は、「大寒」

星平荘小学校での”ごはんパワー教室”の冒頭でも、「大寒」のことを少しお話しましたウトウト

本「大寒」は、二十四節気の一つで、”寒”の真ん中で一年中で最も寒い頃です。
本”寒”とは、小寒(1/5)から立春の前日、節分(2/3)までの事を言います。
本古くから、寒の水は、病気を治し、健康で長生き出来ると言われ、特に「大寒」の朝の水は1年間腐らないと言われ容器などに入れて、納戸などに保管する家庭も多かったようです。

本そして、そのような事から昔から「寒にお餅を搗く」という風習があるのです

ピカピカ我が社では昨年も今年も、「大寒」の水でもち米を浸漬し、そして翌日(1/21)に搗く”寒餅”予約販売しましたgood

「大寒」の水で”寒餅”
↑”寒餅”は、このような棒のし餅を作りますヒ・ミ・ツ

ピカピカ一年中で最も寒いこの頃に、寒風にさらして、固くなった頃、薄くお餅を切って、保存しますヒ・ミ・ツ
ピカピカ昔は、缶の入れ物に入れて、このようなお餅を保存して、食べる時に、火鉢などで焼いて食べたりしていたそうですヒ・ミ・ツ
ピカピカ昔の子供達のおやつとして、”寒餅”は、貴重なものだったようですヒ・ミ・ツ

ピカピカ最近では、このような”寒餅”を作るご家庭も本当に少なくなりましたなき

「大寒」の水で”寒餅”
↑そのため、我が社では、”寒餅”として、”あん餅”も作ってもらっていますヒ・ミ・ツ

ピカピカこの”あん餅”も、一つずつサランラップに包んで、冷凍して、食べたい時に、オーブントースターやフライパンで焼いて食べることが出来ますスマイル
ピカピカ2~3ヶ月ぐらいは保ちますので、おやつとして、いい保存食になり、こちらもオススメですgood

星今年の”寒餅”の販売は終了しましたが、毎年、”寒餅”販売していますので、こちらも、よろしくお願いしますチョキ 




同じカテゴリー(商品紹介)の記事
 令和2年産新米「鹿児島県種子島産 コシヒカリ」、本日(7/30)発売! (2020-07-30 12:36)
 「霧しなそば」 入荷しました! (2020-07-11 15:45)
 今年も販売します!「世界遺産米」 (2020-06-17 17:15)
 こちらも夏の商品、販売中です! (2020-06-13 17:02)
 あっさり、素麺がオススメです! (2020-06-12 12:51)
 夏の商品、入荷しました! (2020-05-17 08:02)

Posted by 西多 寛明  at 07:33 │Comments(0)商品紹介

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。