2009年06月12日

母校がなくなる・・・

晴れ昨日は、年に一度の健康診断が無事終了拍手

本体重は昨年よりも3Kg減、腹囲も2㎝減、そして血圧も、ギリギリ正常値の範囲に入り、最後の医師の診察でも、

「まだまだメタボではありますが、この調子で頑張って下さい!」とお褒めの言葉を頂きましたニコニコ やったぜグー

ピカピカただ最悪だったのは、採血ですなき

本昨年の記事を見ていただければわかりますが、血管の出にくい私の腕、採血は大変ですガーン 昨年は、数日間、青い内出血が消えませんでした大泣き

本今年も大変でしたプンッ 左腕の血管を慎重に探して、注射針を刺すものの、血管に刺さった感触がなく、またもやその状態で血管を探すというハメに大泣きでも、すぐさま今年の看護婦さんは、あきらめ、右腕にチェンジ、細め針の注射器で右腕から採血を完了OK昨年よりも、痛い時間は短かったスマイル

本でも結局、両腕に注射針を刺したことになったため、両腕に止血シールを貼られました

タラーッほんと、どうにかならないものかね~この採血・・・なき

星前置きは、このくらいで、本題へgood

王冠先日、こんな郵便物が届き、ショッキングな事がありましたなき

母校がなくなる・・・ 
↑私の母校の大学の同窓会誌ですgood
ピカピカ私の母校は、大阪電気通信大学の短期大学部です。
ピカピカ「友電会」というのは、4年制大学の方の同窓会の名前で、我々短期大学部の同窓会は「校友会」といい、今度、合同で同窓会総会を開催されるそうですヒ・ミ・ツ
ピカピカそれゆえ、今回、この友電会の会誌の方に、一緒に同窓会の議案などが掲載されたため、この会誌が我々「校友会」会員にも送られた訳です。今後も、会誌は一緒になるようですが・・・

本新しい新学舎が建てられたことや、京阪寝屋川駅前の再開発のことなど、なかなか興味深い記事があり、懐かしく思いながら読んでいると、”校友会のページ”が出てきて、校友会会長のご挨拶が書かれていましたスマイル

星このご挨拶にショッキングな話題がオドロキ

本挨拶文の一部を抜粋します

「近年、特に短期大学部の志願者数の減少により、学園経営が困難に陥り、平成19年(2007年)学生の募集停止、平成20年(2008年)9月、文部科学省の認可を受け廃止となりました。昭和33年(1958年)開設以来、1万名余りの卒業生を輩出してまいりましたが、半世紀50年で、幕を閉じました。」

星つまり、私の母校、短期大学部はなくなってしまったのです大泣き

ピカピカ確かに、少子化のこの時代、しかも電気系の短期大学部・・・電気専門学校が多く出来ているこの時代に、志願者数が減るのはしかたがないことなき日本で最初の電気系短期大学部だった母校が幕を閉じるのもしかたがないことですが・・・

ピカピカやっぱり、さみしいですね大泣き



同じカテゴリー(つぶやき)の記事
 消費税増税まであと半月! (2019-09-16 17:59)
 お盆・・・夏季休暇中! (2019-08-13 08:55)
 今日は「茜雲忌」、忘れられない日 (2019-08-12 07:32)
 負傷! (2019-08-08 15:43)
 今日は暑さ、少しはマシ? (2019-08-06 14:05)
 確かにわかりにくいですね! (2019-07-28 11:14)

Posted by 西多 寛明  at 08:48 │Comments(2)つぶやき

この記事へのコメント
おはようございます。
健康診断、ダイエット効果出ましたね^^
細血管だと、何回もさしなおしたりと、うひゃーですね。

私も山口の短期大学を2期生で出てますが、同じく今や短期部はなくなりました。やっぱり寂しいものですね。
Posted by だいのぱぱ at 2009年06月12日 08:56
だいのぱぱさん、コメントありがとうございます!

ただ、「来年もこの調子で!」という医師の言葉がグサっときました。
”継続は力なり”、頑張ります!

短期大学だけでなく大学も無くなってきているからしょうがないんですかね。
ほんと、寂しい(>_<)
Posted by HIROG at 2009年06月12日 14:56
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。