2020年09月21日

初体験、霧に包まれた棚田

高知のホテルで迎えた朝。
朝食を食べてから部屋に戻り、窓から北の方の山々を見ると霧がかかっていた。

これは、もしや?

と思い、待ち合わせ時間には到底早いが、本山町に向かう事にした。

高知道大豊ICを降りて、本山町へ向かう道からも山々は深い霧がかかっていた。

本山町に入り、吉延の棚田へ向かう道に入った。
霧が深く、フォグライトを着けて、慎重に登って行く。途中、上から降りて来る車と数台すれ違った。

棚田の展望台へ到着。
あたりは霧に包まれていた。


霧でほとんど田んぼが見えない。


やがて、霧が登って行く光景が見えた。
少しずつ、田んぼが見えてきた。


田んぼの下に潜り込んでみた。
まるで、田んぼから湯気が出ているような光景。


そして、しばらくすると霧が晴れて、棚田が出現した。

時間にしたら、10分程度だっただろうか、この自然のショータイムを初体験!

何回もこの場に来ているが、この光景に出会った事がなかった。

やっぱり、「土佐天空の郷」は最高!
ここに来たら、癒され、何かパワーをもらえる!




実りの秋を迎えた棚田
彼岸花、柿---秋の棚田

詳しくは明日以降に書きます。

さあ、ぼちぼち、再スタート!ぐっすり休憩できた。
自宅までもう少し、最後まで、気を引き締めて、安全運転につとめます!


山陽自動車道 瀬戸PAにて  

Posted by 西多 寛明  at 16:41Comments(0)産地訪問記、産地情報