2020年08月13日

亡き父に捧げる!先代より受け継いだ、オリジナルブランド

↑我が社のオリジナルブランド
  「サル印コシヒカリ」「カニ印水晶白米」です拍手

星亡き父、先代が作った我が社のオリジナルブランド米です拍手

本昔話「さるかに合戦」をイメージして作ったオリジナルデザインの米袋ニコニコ

本亡き父は、昭和7年生まれ”さる年”であることも兼ねてますヒ・ミ・ツ


星「サル印コシヒカリ」は、複数産地のコシヒカリをブレンドチョキ

  「カニ印水晶白米」は、複数産地の銘柄米をブレンドチョキ

ピカピカ一年を通して、良食味を保つように、ブレンドしたお米なのです拍手


王冠平成3年4月に、それまで東京でSEの仕事をしていた私は、帰郷
  父の経営するこの会社に入社しましたスマイル

星入社してまもなく、それまで父がしていた精米の仕事を
  受け継ぐ事になりましたヒ・ミ・ツ

ピカピカただ、これらブレンド米のブレンド内容は、最初のうちは、父が決め、
  数年後、私が父のブレンドを参考にしながら、決めていましたヒ・ミ・ツ
ピカピカ私が決めたブレンド米、精米後、必ず炊飯して試食good

「これは、あかん!」と言われ、やり直した事もありましたウトウト

王冠初めて並べるお米は、必ず試食するグー

ピカピカこれが鉄則であり、この事は今でも続いていますヒ・ミ・ツ

星そんな時、米卸の神明が、研究室に食味計を導入したらしく、営業から
「食味値を計ってみませんか?」
との案内を受けましたスマイル

本この頃(平成10年の事)、食味計が出始めた頃でしたヒ・ミ・ツ
本値段が高価な事もあり、小売店の我々には、手が届かない物でしたヒ・ミ・ツ

星自分達の作ったブレンド米の美味しさを数値で表すチャンスでしたメロメロ

ピカピカさっそく「サル印コシヒカリ」のサンプル米を提出、計測してもらいましたニコニコ
ピカピカすると、驚くほどの数値が出て、神明の営業もびっくりオドロキ

花火食味値がなんと”98”ですオドロキ

本当時、神明のブレンド米”あかふじ米”でも最高点は”95”だったようですヒ・ミ・ツ
本他の機械でも”84”という値、これも”あかふじ米”を上回る値でしたヒ・ミ・ツ


↑この快挙を当時(平成10年5月)こんなチラシでお客様へ紹介しましたニコニコ
(チラシのデータが残っていました)

星その後も、数回、食味計測を依頼、その都度”90”点以上のスコアを
  このお米「サル印コシヒカリ」は、記録していますヒ・ミ・ツ

王冠来週17日は、亡き父の四十九日法要が執り行われますヒ・ミ・ツ

星今回、その法事の粗供養の品に、父が作ったこのブレンド米
  「サル印コシヒカリ」を選び、今日精米、袋詰めしましたgood





星今回のブレンド内容は、新潟、福井、
  そして地元兵庫県加古川産コシヒカリのブレンドとしましたニコニコ


ピカピカ新潟県新潟市産
  昔はJA豊栄とだった場所のコシヒカリで、
  食味値”98”を出した時に、ブレンドしていたコシヒカリですヒ・ミ・ツ

ピカピカ福井県大野市産
 生前、父はこの地のコシヒカリを好んで仕入れてましたヒ・ミ・ツ
 当時、米卸より玄米を購入する時は、市指定は出来ませんでしたなき
 そのため、大野でなかったら、米卸より購入せず、
 民間米市場から、仕入れていたりしていましたヒ・ミ・ツ
 それだけ、父は産地にこだわっていたんですスマイル

ピカピカ兵庫県加古川市産
 亡くなる直前のある日、介護施設でお医者様が、父に
 「この辺では、どこのお米が美味しいですか?」と聞かれた時
 「志方の米や!」と答えたそうですヒ・ミ・ツ
 父は、若かりし頃、米問屋で、丁稚奉公をしていました。
 その頃は、「加西や志方のお米をよく取り扱っていた」
 との話を聞いた事があります。
 その時の記憶がよみがえって、こう話たのだと思いますヒ・ミ・ツ

 もっとも、近年、加古川市志方町産コシヒカリ「鹿児の華米」は
 良食味で、人気がありますニコニコ


花火亡き父のゆかりの地のお米を、
 霊前に捧げます拍手


花火「サル印コシヒカリ」「カニ印水晶白米」は、
 店頭にて販売しています拍手

花火先代より受け継いだオリジナルブランド米チョキ
花火よろしくお願いしま~す万歳
  


Posted by 西多 寛明  at 14:08Comments(0)お米のこと