2019年11月15日

加古川市農林漁業祭 穀物品評会

↑本日開催され、今年も審査員として出席しましたスマイル

ピカピカ今年は昨年よりも多い出品数でしたが、一等米が少なかったですガーン

本兵庫県農政局の説明では、
  兵庫県産米の一等比率は、約50%だそうですヒ・ミ・ツ



↑今年もずらっと並べられたカルトンの中から、まずは、1次選定作業good
ピカピカ写真上が一等米下が二等米ですgood

本やっぱり、一等米からの選定が多いですねヒ・ミ・ツ



↑こんな風に二次選定テーブルに、これだけ並びました拍手

星この中から、最優秀賞を選びますヒ・ミ・ツ



↑白いカルトンにも入れてみますヒ・ミ・ツ

ピカピカ黒で見るのと、白で見るのでは、本当に違いますウトウト
星本当に勉強になりますニコニコ




↑本当に、甲乙付けがたく、最優秀賞の選考、
 今年は本当に難しいウトウト
ピカピカこの2つの玄米が、最後まで悩み、
  審査員全員の決戦投票により決まりました拍手

ピカピカ決選投票で敗れた玄米は、優秀賞に、
  そして優秀賞をあと3点選んで選考は終了しました拍手

本今回、出品された玄米、大半(8割)が”ヒノヒカリ”で、
  その他は”キヌヒカリ”、”コシヒカリ”、”きぬむすめ”と続きましたヒ・ミ・ツ



↑審査結果で、最優秀賞は”ヒノヒカリ”
  そして優秀賞4点のうち2点が、なんと”きぬむすめ”でしたオドロキ

ピカピカ出品数は一番少なかったのに、
  この結果には驚きですオドロキ

星やっぱり、今年のような気候は、新しい品種が強いようですねニコニコ

本ちなみに、昨年、一昨年は全て”ヒノヒカリ”が入賞でしたヒ・ミ・ツ

星”きぬむすめ”、やっぱり注目の品種ですねメロメロ

星毎年この品評会は、大変勉強になりますニコニコ
花火今年も、参加させていただき、
 ありがとうございました拍手

  


Posted by 西多 寛明  at 20:56Comments(0)日々の出来事