2019年04月01日

「平成」の次は「令和」

王冠今日のお昼前に、「平成」の次の元号が
  「令和」と発表されたニコニコ


本「平成」の発表時の小渕官房長官は、サッと出した印象があったけどスマイル
本今回の菅官房長官、「令和」のこの額を一度、持ち直しての提示ニコニコ

ピカピカ確かにこのお役目は名誉な事で、緊張したんでしょうねワーイ

花火「令和」花火

本これまでの元号と違い、
  日本の古典である万葉集からの引用ヒ・ミ・ツ

星それもあってか、これまでの元号と
  響きが違うように感じるメロメロ

本「明治」(M)、「大正」(T)、「昭和」(S)、「平成」(H)と続き、
  今度は、「令和」(R)ウトウト

星この「令和」という言葉には、
 「人々が美しく心を寄せ合う中で、
  文化が生まれ育つ」

 という意味が込められているそうですヒ・ミ・ツ

星災害の多かった、「平成」、
 次の時代は、美しい穏やかな時代に
 なって欲しいものですメロメロ


ピカピカただ、ひとつ、この元号、引っかかるのは・・・・

星どうして「和」という字を、また使ったんだろうキョロキョロ

ピカピカ「昭和」「平成」「令和」

ピカピカなんか「昭和」の繰り返しのようなキョロキョロ
ピカピカ「昭和生まれ」やから、そう思うだけワーイ

花火皆さん、どう思いますウトウト

  
タグ :元号令和


Posted by 西多 寛明  at 17:48Comments(0)つぶやき