2018年11月25日

加古川観光大使シンポジウム

今日午後、加古川商工会議所青年部11月公開例会と位置づけられたこのイベントに行ってきた。

場所はニッケパークタウンセンタープラザ


3階駐車場から会場を見たら、黄色い青年部ジャンバーのスタッフがたくさん!
休日にご苦労様です(^o^)/



今回のパネリストは、16人の加古川観光大使の中から4名。

弁護士の住田 裕子さん
ラジオパーソナリティーの谷 五郎さん
お笑い芸人の陣内 智則さん
スポーツコメンテーターの小林 裕梨子さん

この4名のパネルディスカッションを、商工会議所青年部の高浜会長がコーディネートする。

最初にパネリスト各自が自己紹介、自分と加古川の関わりをスピーチ。

その後、「加古川のいいところはなんでしょう!」というテーマをコーディネーターが降ると、そこからは、各パネリスト、喋りだしたら止まらない。
もはや、コーディネーター抜きで4名のパネリストがディスカッションで盛り上がる!
この状態が最後まで続き、そのやりとりを聞いている我々は時を忘れるほど。
陣内さん、谷さんは、喋ることが職業だから当然だが、住田弁護士がこれほど喋るとは、驚いた。
結論としては、今ある加古川の観光資源、グルメ、イベントなどをもう一度見つめ直そう、というような事になったのだろうか。

加古川観光大使が個々人で加古川について語る事はこれまでもあったが、このようにそれぞれの想いをぶつけ合うのは、初めての事。
今度は他の観光大使を加えた第2ラウンドを期待したいですね!

本当に見てて面白い、イベントでした!

青年部メンバーの皆さん、ご苦労様でした!!




  

Posted by 西多 寛明  at 19:27Comments(0)青年部