2017年02月09日

お米パーティ2017 in 別府西小学校

王冠今年も1年間のお米作りの締めくくりとして
  別府西小学校4年生企画立案による
  「お米パーティ2017」
   が先日2月1日に開催され、参加してきましたニコニコ

星今年も、羽釜によるお米の炊飯を実施グー

星まずは、洗米チョキ



↑この日、1斗(14Kgのお米を炊飯するため、数名の児童が手分けして、お米を洗米グー

ピカピカ私も、少しだけお手伝いしましたが、本当に冷たい水でした大泣き


↑2つの大きな羽釜に、洗ったお米を入れてヒ・ミ・ツ



↑水を入れて浸漬しますヒ・ミ・ツ

「水加減は、西多君に、お願い!」と地元の先輩方からご指名プンッ

ピカピカ冷たい水に手を浸して、手の甲が半分少し浸かるぐらい、水を投入グー
ピカピカ水を入れるのは、先輩方スマイル ほんと、冷たい大泣き


星続いて、釜の準備チョキ



↑たくさんの薪(写真左)と、
  昨日、子供達が近くの浜の宮公園で集めてきた枯れた松葉(写真右)



↑松葉を下に引き詰めて、上に薪を置きますヒ・ミ・ツ

ピカピカようするに、松葉が着火剤の役割をするのですニコニコ

本昔から、この地域は松林が多く存在していて、
  村の先輩方のお話しによると、
  子供の頃、学校から帰ってきたら、松葉や松ぼっくりを拾いに行くのが、
   子供達の仕事だったようですヒ・ミ・ツ
本そして、そうやって拾ってきた松葉などは、お風呂を沸かすときや、
  ご飯を炊くときに、薪などと一緒に入れられていたそうですヒ・ミ・ツ



↑今回、少し新聞紙も入れて、点火ですグー







↑やがて、こちらの釜では、こんな風に”おねば”が出てきましたニコニコ

ピカピカ湯気が少なくなって、頃合いを見てから
 いよいよ釜の蓋をオープンパー



↑湯気で、ご飯がはっきり見えませんがキョロキョロ



↑給食室から、大きなしゃもじを借りてきて、釜の底から、
  ご飯をほぐしてから、もう一度蓋をして、蒸らしますヒ・ミ・ツ

ピカピカそして、おひつに移したご飯が、こんな感じですニコニコ



↑美味しそうなお焦げご飯も出来てますメロメロ



↑こちらのお釜では、味噌汁も作りましたニコニコ




↑さあ、お米パーティ2017の開会です拍手



↑今日のメニューは、こちら

ピカピカ先ほど羽釜で炊飯したご飯、味噌汁、海苔、ふりかけ、それにお茶です拍手



↑テーブルには、こんなお漬け物が2種類置かれてますウトウト

ピカピカ写真左は、昨年、別府西小学校で漬け込みしたたくあんですgood



↑ご飯に、やかんに入ったダシを入れて(写真上)、このお漬け物をトッピングして完成拍手

ごはんだし茶漬け です拍手
花火美味しい”だし茶漬け”でしたメロメロ

本実は、このだしには、我が社で販売している
 ”あご入り鰹ふりだし”を使っていたようですオドロキ

本やかんに、”あご入り鰹ふりだし”の小袋1~2袋を入れて、
  煮だしただけだったんですオドロキ

星こんな使い方があったとは、大発見ですねワーイ



↑私は、もう一杯、海苔でいただきましたメロメロ

ピカピカ地元、播磨灘で穫れた、大濱さんの海苔です拍手



↑舞台では、子供達の劇が始まりました拍手



↑プラカードで、ご飯のいいところを紹介拍手

星私が、ごはんパワー教室で教えた内容ですニコニコ
花火嬉しいですね拍手




↑最後は、子供達が、こんな歌を歌ってくれました拍手
(クリックすると大きな画像になります)



↑そして、お土産は、子供達の作ったお米とお手紙ですニコニコ

ピカピカお米の袋も、子供達が一枚一枚、色鉛筆で描いていますメロメロ

王冠本当に、子供達の感謝の気持ちが伝わり、
  いつも楽しませてくれるこのパーティメロメロ

花火今年の別府西小学校4年生の皆さん、お米作り、ご苦労様でした拍手
花火そして、ありがとう万歳
  


Posted by 西多 寛明  at 16:30Comments(0)地域活動