2014年10月17日

最後の試練 ** 闘病日誌VOL.4 **

パソコン闘病日誌 VOL.1 http://ricestore.tenkomori.tv/e366153.html

パソコン闘病日誌 VOL.2 http://ricestore.tenkomori.tv/e366349.html

パソコン闘病日誌 VOL.3 http://ricestore.tenkomori.tv/e366731.html

の続きですチョキ


10/5 入院17日目

未明。激しい腹痛が(T_T)たまらずナースコール、担当看護士さんが部屋へ駆けつけた。
すぐさま、夜間当直医の診察、CT検査、血液検査をすることとなった。

深夜の病院の中、車椅子に乗って、看護士さんとCT検査室に向かう。

CT検査室は、内科病棟のある新館から、渡り廊下を通り、階下に降りる。

階下に降りるエレベータを待つている時、

「ちくしょう~もうちょっとだったのに・・・」と思わず言葉を発してしまった。

「あまりにも順調過ぎたので、神様がきっと悪いところを探して、

 ”ここも一緒に治しなさい!”って言ってるですよ!

 焦らず、もう少し頑張りましょう!」

と看護士さんはなくさめてくれた(>_<)

CT検査の後、とりあえずは痛み止めを点滴するも、痛みを少しやわらげる程度、痛みにうなされながら朝を迎え、主治医の診察。
どうやら、今度は胆嚢が炎症を起こしたらしく、再び絶食絶飲、点滴生活に戻り、もちろん退院延期となった。


今日1日は痛みで悩まされた(>_<)
点滴の痛み止め、服用薬の痛み止めがきかず、坐薬の痛み止めでようやく痛みが一時的に止まった。
主治医から今後の治療として、手術か抗生剤の点滴かの選択を考えて欲しいとのお話しが、どうするか悩むところだ(+_+)
どちらにしろ、入院生活はまだしばらく続きそうだ。


10/6 入院18日目
この日は朝から、熱も38℃代と高く、朝の血液検査で炎症が激しく抗生剤で散らすのは、無理との判断となり、

夕方、緊急手術で、胆嚢を摘出することになった。

手術前に、空いている左腕に、手術用の点滴の針を入れることとなった。

でも、いつものように、血管の出にくい私の腕、しかも、太い針(+_+)

この日の担当看護士さんが、3回刺すも血管に当たらず、次に来た看護士さん、その次の看護士さんも、ダメ(>_<)

4人目の看護士さんで、ようやく針が入って、とりあえずは点滴の準備完了。

その後、尿をとる管を入れる。これがなんとも気持ち悪い。

おへその掃除。そして執刀医である外科医の説明、麻酔医の説明、手術室の看護士の説明を受け、いよいよ車椅子で手術室へ。

「手術が終わったら、外科病棟にお部屋がかわります!」と看護士さん。

内科病棟、個室ともお別れだ(+_+)


手術は、お腹に小さな穴を開けて行う、腹腔鏡下胆嚢摘出術で行われ、3時間程で終了した。

手術後、麻酔からさめたら、痛みもなく、本当に気分が良かった(^O^)


10/7  入院19日目
術後、麻酔も切れ、そして昨日から続いている熱がさらに高熱39℃台にあがり、一日中、高温でうなされた。

この日の朝、ナースステーション横のICUから、一般病室へ移動。

外科病棟は大部屋ばかりで、私も6人部屋の大部屋に入ることとなった。


10/8 入院20日目
今日は朝から、熱も微熱に落ち着いた。
朝の診察で、手術で体に入れているチューブを抜いた。


↑食事も朝食から再開、パン。

そしてお昼前には一時的に点滴もお休みとなり、かなり体を自由に動かすことが出来た。

↑お昼は全粥(写真左)

おかずの内容、量がこれまでよりも多く感じたので、すぐさま、管理栄養士の先生に電話で問い合わせた。

”傷口を治すために栄養をつける”ことを優先に考えて、今までの膵臓食でなく、普通食になっているとのこと。

そして夕食(写真右)は、’軟ご飯’、となっているということを教えてもらった。

「軟ご飯ってどうやって炊飯しているのですか?」と聞くと、

「炊飯された釜の中から、柔らかいご飯の部分をとっているので、特別にこれだけで炊飯しない。」

と教えてもらった。

”ふ~ん、だから普通ご飯が、あの状態なんだ”、少し改善提案を出来るなと考えた。


今日は病棟で、音楽療法といって加古川音楽療法研究会の皆さんによる演奏会がデイルームで開催。
バイオリン、電子ピアノなどの演奏に癒された(^o^)病院って、いろんな事考えてるんですね(^o^)感謝(*^_^*)


10/9 入院21日目
今日は、朝イチで採血。結果良好で傷口の様子も良好な事から、
「明日、退院しても良いですよ!」
との退院許可がおりた(^o^)
傷口も、ガーゼからすべて絆創膏にかわり、体も身軽に(^o^)
点滴も朝と夕方に抗生剤の点滴があるのみ、それ以外は、かなり自由がきく。
今日はあまりはしゃぎ過ぎずに、体を動かして、栄養士先生の所へも明日退院の報告、そして毎日の病院食を作ってくださっている、我が社のお米の納入先である日清医療食品の責任者の方と、病院食についてのディスカッションもする機会も持てた。今回患者となったために感じる事が出来た貴重な体験、この事を、今後のこことの取引に役立てたいと思う。

栄養室からの帰り、内科病棟に立ち寄り、偶然にも、あの晩、胆嚢が痛んだ晩の担当看護士の早川さんとあった。

「明日、退院します!お世話になりました!」とご挨拶

「今度こそは、大丈夫ですね!おめでとうございます!」と看護士さん


さあ、明日は午後、いよいよ退院!
今晩は病院での最後の夜、おとなしくするつもりです(^_^)v

↑朝食(写真左上)、昼食(写真右上)、夕食(写真下)

普通食のため、これまでよりも、味がしっかりしている。でも薄味の方がいいような・・・(+_+)



10/10 入院22日目

↑外科病棟の病室から見る、入院生活最後の夜明け

朝一番で検温。36℃平熱異常なし!

↑朝食、この日も普通ご飯。


朝食後、土壇場で、抗生剤1本の点滴。

約1時間で終わり、いよいよ身の回りの整理に入る。

と同時に、同室の方に、ご挨拶。なんと3人中、2人までが我が店をご存知だった(*_*)


↑最後の食事、昼食

午後2時、妻が迎えに来てくれて、入院費用の精算を済ませて、退院。


↑ベッドに付けられていた名札。


22日間の入院生活が終わった(^O^)

ほんと、いろいろあったな(+_+)

そして何よりも、毎日、病室に洗濯物や仕事の連絡など、見舞いに来てくれた妻に、感謝です!

本当にありがとう!

  

Posted by 西多 寛明  at 15:27Comments(0)闘病日誌

2014年10月16日

退院に向かって、まっすぐ!だったのですが・・・**闘病日誌VOL.3**

パソコン闘病日誌 VOL.1 http://ricestore.tenkomori.tv/e366153.html

パソコン闘病日誌 VOL.2 http://ricestore.tenkomori.tv/e366349.html

の続きですチョキ


9/29 入院11日目
今日も体調は安定、いよいよ退院へのスケジュールが決まった。
明日、栄養指導。

明後日に、最初の処置の時に入れたチューブを抜くための処置。

そして、合併症がなく便も通常通りに排出されれは、退院となる。
ということで今日は朝に採血、そして内科総回診があった以外は何もない。


とにかく今日も暇さえあれば、体を動かすことに務めた。

この日、1日で9400ステップ程。さあ、この入院生活、そろそろ最後の大詰めです!頑張ろう(^_^)v



↑この日の食事。写真左上から、朝食、昼食、そして下が夕食の順

この日も朝食がパンだったので、

「朝はパンじゃなくて、ご飯の方がいいのになぁ!」と看護士さんに言うと

「ご飯に出来ますよ!普通はパンで設定されていますから

と言うことで、明日からご飯にしてもらった(^_^)v

なんで、普通がパンやねん(-_-;)


9/30 入院12日目

↑今日は、朝から栄養指導があった。

我が社がお米を納入させて頂いているこの病院、栄養室は、その窓口であるため、管理栄養士の先生も以前から存じあげており、心やすかった。

そのため、栄養指導半分、仕事の話半分になったかな(^_^;)


栄養指導の内容の要点は・・・

膵臓食について、日常の食生活で気をつけることは低脂肪食。

脂っこい肉は禁止、ササミや脂分の少ないものを、とること。

そして、膵臓の血液数値が、平常値になるまでは禁酒することと、宣告された(+_+)


辛い話だ(T_T)どのぐらいの期間かかるのかわからないが、とにかく頑張らんと(+_+)
今日も、昨日同様、体をとにかく動かしたが、今晩22時から、明日の検査処置のため、絶食、絶飲のため、夕食後は、部屋でおとなしくしました。そのため、今日の歩数は8600ステップ程でした。
さあ、明日はいよいよ…とにかく今日は早く寝よう(^o^)


10/1 入院13日目

↑今日は朝から絶食、絶飲で、午後から「内視鏡的逆行性胆管トレナージ ステント抜去」という処置、

つまりは入院時に、胆管に入れたチューブを取る作業にのぞみます。


11時前から、ひさびさの点滴開始のため、点滴針を入れる作業。血管がでにくい私、いつもこの作業は大変(>_<)

この日の担当看護士さん若葉マークがついていて、いささか心配でしたが、10分程かかっての懸命の作業の末、なんとか点滴針がはいり、点滴開始となった。


15時からの予定の今日の検査処置、私の前の患者さんが長引いたせいで、1時間遅れで開始。

ただいまやっと、麻酔から覚めて引き続き点滴は続いている。

先ほど、採血もあったが、結果はどうだったのか、気にならところです。


10/2  入院14日目
昨日の内視鏡検査処置が終わり、血液検査の数値が改善するまで、絶食絶飲そして、点滴生活が、今日も続いた。

↑ただ、絶食絶飲はお昼から、食事再開となり、とりあえずは五分粥からスタート!


「2日間で、お腹の調子を見ながら徐々にあげて行き、週明けの退院を目指します!」

と主治医先生の話。


夜7時には、点滴も取れた。
さあ、仕切り直しだね(^_^)v

↑夕食も、五分粥。

  相変わらず野菜中心、お肉は鶏のササミ。低脂肪、低カロリーです。


10/3 入院15日目
とうとう今日で入院して半月となった。

↑この日の朝食、入院して初めて嫌いな物が出た(>_<)です(写真右)

五分粥の味付けのつもりで入っていたものだったので、この日は、何も味付けのないお粥となった(+_+)


昨夜、点滴も取れたため、今日は病院ウォーキングを再開!2日ぶりのシャワー浴も出来た(^_^)v


↑食事もお昼から、全粥になり、明日には普通のご飯になる見込み(^o^)


もうちょっとで、退院許可がでそう(*_*)
退院後の食生活について、今日は再度、栄養士先生の部屋に伺った。
退院しても、食生活は大変だが、何が良くては何が悪いかが、かなり理解することが出来たと思う。
さあ、あともうちょっと、頑張ろう(^_^)v

↑夕食も全粥、ご飯のわりには、おかずの量は少ない(+_+)

私としては、ご飯たっぷりでいいけどね(^_^;)


10/4 入院16日目

↑朝食(写真左)と昼食(写真右)

今日の昼食から普通のご飯になった。
お腹の調子も良く、いよいよ退院の言葉を看護士さんを通じて伝えられた。
正式には、明日、主治医先生からお話しがあるようだが、まず間違いなく週明けに退院出来そう

やっと、この入院生活にピリオドを打てそうだ。

↑病室から、こんな夕焼けを見るのも、もうすぐ終わりかな(^_^;)


そんな中、夜の面会時間に、従業員3名がお見舞に来てくれた(^o^)

みんなには、本当に迷惑をかけているのに…本当に嬉しく思った(^o^)

本当にありがとう(^o^)


今日も、とにかく体を動かした。

病院が休日なので、病院ウォーキングもやりやすく、今日1日で入院後初めて10000ステップを越した(^o^)
さあ、入院生活ももうすぐ終われそうだ(^o^)やった~(*^^*)

↑夕食、相変わらず魚料理が多い(^_^;)


この日の夜の担当看護士は、闘病日誌VOL.2の最初にネームプレートで登場した早川さん。

これまで入院生活16日間の内、今回で4度目の担当。でも夜の担当はこの日初めて。

「いよいよ週明け退院ですね!今日もごゆっくり!」といつもの愛想のいい笑顔の早川さん。

「今日もゆっくり休むよ!楽しててね!」と私。

「何かあったら、すぐにナースコールしてくださいね!」と看護士早川さん。

「了解!まぁ、何もないと思うけど!」と私。

「だったらいいんですけど・・・」と言葉を残して、看護士さんは、部屋を出て行かれた。


そう、何もなかったら、良かったんだけど・・・


  

Posted by 西多 寛明  at 13:45Comments(0)闘病日誌

2014年10月15日

順調に回復、早くも退院の文字が・・・ **闘病日誌VOL.2**

9/24 入院六日目
今日は朝から採血。今日のお昼間の担当看護士さんが来られ、挨拶にこんなプレートを置いてから、腕の採血が行われた。

結果次第では食事再開となる。いつもなら、主治医先生がすぐにやってくるのだが…気になるところ。
そんな事を考えてたら、もうお昼前(+_+)
すると、看護士さんから、食事再開OKが伝えられ、昼食から食事が来た(^o^)


↑6日ぶりの食事は、重湯、豆乳スープ、高カロリーりんごドリンクこれだけ(^_^;)


↑夕食は、重湯、コーンスープ、液状濃厚流動食ミルクティ味。


でも、ゆっくり味わい、本当に美味しかった(~o~)


↑点滴も、この点滴が最後、今日深夜で終わるということも、教えられた(^o^)

やったー(*^^*)
入院生活も、会社とのやりとり、お見舞いに来てくれた方との対応、そして新米の販売価格の算出と言った仕事も病室でするようになった(^_^;)暇ではなくなってきたな_(._.)_


9/25 入院7日目


昨晩遅く点滴が終了となり、朝から自由に動けるようになった(^o^)
6時起床時間を待ちきれず。廊下に出て、看護士さんに見つからないように、少しウォーキングして部屋に戻る。

本当に少し歩いただけなのに、

足がだるい(>_<)

こんなに筋肉が落ちているんだな(+_+)

でも、体を慣らしていかないと(+_+)焦りは禁物だが、病室廊下を一周して自分の部屋に帰る休む、これを午前と午後、数回繰り返した。スマホの歩数計はたったの1661ステップ(+_+)なのに足はだるい(>_<)
よ~く揉んでおかないと(^_^;)


↑食事は、朝食は重湯、具のない味噌汁、昨日と一緒のりんごドリンク、そして、ジョア。

相変わらずの流動食だが、徐々に量が増えてきた。


↑昼食から七分粥となり、おかずも数品。


↑夕食も七分粥だが、おかずは秋の実り御膳と名付けられた豪華なもの(^o^)


ゆっくり食事が出来るという喜びを感じながら味わった各食事だった(^o^)
この気持ちは退院してからも、忘れないようにしたいな(*^^*)


9/26  入院八日目

今日は朝から腹部CT検査のため、朝食は検査後に食べる(延食)となる。
腹部CT検査は、救急車で運ばれて来た時以来、2度目だが、前回はベッドのまま連れて行ってもらったため、場所がわからないため、教えてもらい自分で、歩いて受診。


病棟に帰る前に、ぐるっと病院散歩してみた(^o^)でも、パジャマ姿だから、少し恥ずかしいな(+_+)知っている人にあうとたいへんだな(+_+)今度から、院内散歩は外来患者が少なくなった頃にしよう(^o^)


↑朝食は延食となり、バン。

↑昼食から全粥となった。(写真下は、夕食)


あとは、すっきり便が出てくれれば言うことなしだが、そのためにも、病棟病院ウォーキング頑張らないと(+_+)

今日は1日で3200ステップ、明日はこれ以上、頑張ります(^_^)v

↑夕食後の院内ウォーキングにて撮影

この日の腹部CTの結果は、夕方、主治医から伝えられ、

「炎症もおさまってきていて、順調ですよ!」とのこと。やったね(^_^)v


9/27 入院9日目

↑朝食は、全粥。


↑昨日からシャワーの許可がおり、今日は体、髪の毛共にすっきり!


↑食事も、昼食から普通のご飯になった。


さあ、あとは体を動かすのみ!今日は土曜日とあって本館は外来患者がほとんどいないので、歩きやすい!

↑スリッパでは歩きにくいので、普通のスニーカーをもってきてもらった。

新館~本館、階段降り昇りを繰り返し、とにかく歩いた。今日1日で7500ステップほど。

いつも30分の早朝ウォーキングをしている私にとっては、この歩数はまだまだ(+_+)

↑夕食も普通ご飯。


この日の夜の私の担当看護士さんは、最初の夜、つまり救急車で運ばれ、処置した夜、私が一番苦しいつらかった夜、私を担当して朝まで看病してくれた看護士さんだった。
本当にこの人には助けられた


「いつの間にか、点滴もとれ、食事、ご飯も普通。本当に元気になられて良かったですね!」

と看護士さん。

「そのせつは、本当にお世話になりました」と私。

今晩は、看護士さんには楽してもらおう(^o^)
少なくとも、私の担当分だけでも(^_^)v


9/28 入院10日目
今朝は、便が順調に排出。今日の担当の看護士さんも
「おかわりないですか?今日も、ごゆっくり」との対応(^_^;)


「退院近いですね!」との看護士さんは言うものの、主治医先生の話では
「最後の難関。胆管に入れて、膵臓に悪さしないようにしているチューブを取る作業を来週します。取っても、胃腸が正常であれは、退院です!」とのこと。
さあ、それまでは何の処置もない。


今日は体重測定の日。

前回(22日)はベッド横で点滴やモニターなどが体についた状態で計測。

今回は体に何も着いてない状態でしたが

前回との差はなんと7Kg(@_@)実際には5Kg程、減ったことになる。
この体重をとにかく退院まで増えないように維持するのが、私の目標(^_^)vそのため、今日もとにかく歩いた!

↑特に休日の病院なので、外来患者がいなくて歩きやすかった(~o~)

今日1日で8600ステップ程歩き、とにかくカロリー消費に務めました(^_^)v


↑コーヒーを飲むこともOKになったので、これも遠い自販機まで買いに行き、ひさびさのコーヒーに癒された(~o~)
さあ、“退院”の文字が見えて来た(^o^)

もう少しだ、頑張ろう(^_^)v

↑この日の朝食(写真上左)、昼食(写真上右)、夕食(写真下左)

私の食事は膵臓食と言って、低脂肪・低カロリーの食事となっています。

味付けも薄味、塩分も控えめ、少し物足りない量です(+_+)

  

Posted by 西多 寛明  at 17:25Comments(0)闘病日誌

2014年10月12日

救急車、手術、入院、絶食 **闘病日誌VOL1**

この日誌は、退院後、公開することにします。
私にとっては、初めての経験ばかり(救急車は違うか)ここに自分の記録として残しておきます。

9/19 入院初日
激しい腹痛でたまらなくなり、救急車で加古川東市民病院へ搬送。
意識がある状態で救急車に乗るのは初めて、なんとも乗り心地の悪い(>_<)
車内で嘔吐。
病院到着後、問診、症状確認後、CT室へ。
結果、急性すい炎であると診断された。
原因は胆石が、すい液の出口で悪さをしているらしく、緊急手術となった。
手術といっても、口から内視鏡のようなものを入れて行うもので、もちろん麻酔がかけられ、40分ほどで終了した。
気がついた時には、両腕に点滴が入れられ、お腹と胸にも、心電図をモニターする電極が貼り付けてあった。
場所はICU、この日の晩は、痛みに耐えられず、痛み止めの薬もいれてもらった。



9/20 入院二日目
主治医の診察があり、今日中に病室に移動することとなった。
私は個室を希望した。
理由は仕事上のいろいろな対応をしなくてはならないので、相部屋だと他の方に迷惑がかかる、そして何よりも、イビキが凄いので(^_^;)
個室が空いており、希望どおり個室の病室に入った。
この日の晩は、38度以上の高熱にうなされた。
そして何よりも、尿の量を計るため容器にとる作業が大変だった。
この日だけで尿の回数は11回、量は3リットルを超えていた。


9/21 入院三日目
痛みもほとんどなくなり、この日からテレビを時々見る元気も出てきた(^o^)
尿をするのも、苦痛なならなかった(^o^)
そして、この日、入院後初めての便もでた。
尿の回数はますます増え、この日は14回、量も増えた。
主治医の話だと、いい傾向だと言うことだった。
点滴をバンバン入れているから仕方ないことだが、夜中に二度も、尿をもよおすのも、大変だった。
この日の夜、心電図モニターが外れ、体をきれいに拭くことができた(^o^)



9/22 入院四日目
夜中に二度、排尿で起こされたものの、昨晩はNHK大河ドラマが終わってすぐに寝たおかげで、入院後初めて熟睡できた(^o^)
仕事関係、最小限の取引先に連絡。
入院後、絶食が続いているにも関わらす、この日も、便が出た(+_+)
この日は、朝からヒゲも剃り、また熱いタオルで体を拭いて、爽快(^o^)
ただ、個室利用申込書が持って来られ、その金額にビックリ(@_@)
まあ、仕方ないか~(+_+)
とにかく保険の請求の準備はしておこう(^o^)
そして、今日は内科総回診があった。
「白い巨塔」みたいに大勢で来るのかと思いきや、白衣の先生と看護士さんだけ。
「順調です!」と答えられ、去っていかれた(^o^)
あと今日はシーツ交換と点滴の針の交換があり、いろんな事があった日でした。


9/23 入院五日目


今朝は入院してから初めて窓を開けて、といってもも転落事故防止のため数センチだけしか開かないが、朝の清々しい空気と朝焼けを眺め、癒された。


昨日の晩ご飯時からお茶一杯飲むのを許され、朝から一杯のお茶をゆっくりと味わった(^o^)
こんなにお茶っておいしかったんだね(^o^)
今日は病院は休日モードのため、看護士など、スタッフが少なく慌ただしい(>_<)
そんな中、清掃員の方が、部屋の清掃に来て、清掃しながら、いろんな話を聞かせてくれた。
たとえば、看護士は床にバンソコウなどが落ちたら、拾わないそうだ。
また清掃員は患者の体に触れてはいけない。
食事やお茶などはケアスタッフとよばれる人が運ぶ。
これらは、すべて、院内感染予防のための決まり事だそうだ。
今日のような休日の場合は、ケアスタッフがお休みのため、看護士の数名がケアスタッフのかわりをするそうだ。
だからなのかな、朝はちゃんとお茶を個室の方まで配ってくれていたのに、お昼は忘れられた(>_<)
お茶しか飲めない私にとっては、辛い。
でも、今日はお昼すぎ、点滴針が1本になった事は嬉しいね(^o^)

  

Posted by 西多 寛明  at 10:26Comments(0)闘病日誌

2014年10月10日

久しぶりの投稿となりました!

長い間、ブログの投稿がご無沙汰してしまいました!

実は、私事でありますが、このたび体調を崩し、9月19日より、加古川東市民病院に入院しておりました。

おかげさまで、徐々に回復し、本日午後、ようやく退院できるはこびとなりましたことを、このブログにてご報告すると共に、皆様にご心配をおかけ致しましたことに、深く、お詫び申し上げます!

また、平成26年産新米の入荷しているこの時期に、リアルタイムに新米の情報を皆さんにお伝えすることが、出来なかった事も、本当に残念で深く反省しております。

退院後、徐々にではありますが職場復帰して、どんどん新米の情報をアップして行きたく思っております!

また、今回の人生初の入院生活で、いろんな事を学び、またいろんな事を知りました。
私の人生の記録として、闘病日誌を後日アップしようと思っています。
そちらの方も、お楽しみにしてください!

最後になりましたが、今回、リアルにお付き合いさせていただいている皆さんから、お問い合わせのメールやお電話、そしてお見舞のお言葉をいただきました。
本当にありがとうございます(*^_^*)
深く感謝いたします(^o^)

退院後、明日から、ぼちぼちと頑張りますので、今後とも、よろしくご愛顧の程、よろしくお願いいたします!  

Posted by 西多 寛明  at 10:47Comments(0)闘病日誌